競輪

初心者でも分かる競輪のルールとレースの流れ【不文律も!】

更新日:

ルール競輪は公営ギャンブルの一つですが、正直なところ、競馬に比べるとちょっとマイナーなスポーツですよね(汗)

 

そのため多くの人が競輪を【単なる自転車レース】と思っていることでしょう。

 

しかし競輪は、競馬とは違う独自のレース展開が非常に面白く、脚力だけではない『心理戦』も見所の一つです。

 

今回は競輪初心者も競輪を始めてみたくなる『競輪の魅力』と『ルール』について紹介します。

レースにおける勝利条件

まず初めに競輪の勝利条件について説明します。

 

競輪の勝利条件は一番最初にゴールした人の勝ちです。

 

タイムを競うのではなく、着順を競う個人戦です。

 

当たり前のことだと思うかもしれませんが、競輪の見所を説明する前に『着順を競う個人戦』という点を強調させてもらいます。

個人戦?チーム戦?競輪の見所は心理戦にあり

ライン

競輪のレース展開を説明する上で、重要なポイントに【ライン】があります。

 

ラインとは、複数名の選手が縦一列に並んで走る集団のことを指します。

 

競輪をほとんど知らない人でも、競輪選手がぴったりと1列に並んで走る姿を一度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

マラソンだと先頭集団、第2集団などがあるように、競輪においてもレース時には、複数のラインと呼ばれる集団ができます。

 

このラインと呼ばれる集団は、単に『実力が拮抗した選手達の塊ができている』というわけではなく、つながりの深い【選手同士が結託】して作られます。

 

つまり個人戦であるはずの競輪レースにおいて、レース中にラインというチームを組んでいるということです。

ラインを組む理由

個人戦であるはずの競輪において、何故ラインというチームを組むのかというと、レースに勝つ為の戦略だからです。

戦略1 ライン(チーム)戦に持ち込むことで、上位入賞が狙いやすくなる

ライバル関係にある2人が共通の敵に出会ったときに、三つ巴の戦いに持ち込むのではなく、一時休戦して共闘し共通の敵を倒すという展開は、バトル漫画でもよくありますよね?

 

競輪におけるラインもまさにそれと同じです。

 

一旦チームを組み大多数のライバル達に立ち向かうことで、自分の上位入賞確率を上げているのです。

戦略2 空気抵抗の低減

競輪は時速60km70kmの速さでレースを行います。

 

走行中の車の窓から手を出した時の感触をイメージするとわかるように、競輪のレース中はかなりの空気抵抗を受けています。

 

体力温存の為にも空気抵抗をいかに減らすかは、競輪において重要な戦略の一つです。

 

そしてラインを組むことは、空気抵抗を減らすための戦略の一つでもあります。

 

どういうことかと言うと、ラインを組んだ際に、先頭を走る選手が後続の選手(番手)の風除けになると言うことです。

 

この風除けはドラフティング(スリップストリーム)とも呼ばれ、後続の選手が消費するエネルギーは先頭の選手と比較して、66%で済む(34%の省エネ)という調査結果があります。

参考:http://www.cycle-sports.net/data/baio/03.html

戦略3 後続ライバルに意識を割く必要がない

先述の空気抵抗に関して言えば、先頭選手にとってはメリットがないようにも思えますが、先頭選手にもちゃんとメリットがあります。

 

その一つとして先頭選手は後続ライバルを意識せずに走れるということです。

 

個人戦の場合、常に後続ライバルの動向にも意識を割かなければなりません。

 

しかしラインを組んでいる間は自分のすぐ後ろを走る選手は味方です。

 

そしてラインの後続を走る選手は、他のラインが攻めてきた際に自分のラインが抜かれないように妨害するという役割があります。

 

つまり先頭を走る選手は味方に【背中は任せた】状態になるため、前方にだけ意識を集中することができます。



スポンサーリンク

レースの流れ

さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、レースの流れについて説明します。

スタート

号令とともに各選手が一斉にスタートします。

 

この時、先頭を走るのは、【誘導員】です

 

誘導員とはレース前半、先頭を走り、レース全体のスピードを調節するペースメーカー及び先頭選手の風除けを担う人物です。

 

誘導員はレースに出場しているわけではないので、車券には絡みません。

序盤

誘導員の後ろを走る選手達は、ラインを組みやがて1列に並びます。

 

序盤ではまだスローペースのレース展開ですが、虎視眈々と各ラインが他のラインを出し抜くことを狙っています。

打鐘(ジャン)

競技場によって周回数は異なりますが、バンク(競争路)を周回し、先頭選手が残り1.5周に差し掛かるとジャンと呼ばれる鐘が鳴らされます。

 

ジャンが鳴る前(残り2周半~2周ぐらい)に誘導員は列の先頭から抜けて、レースのスピードが加速し、各ラインを軸とした戦略が繰り広げられ、レースが大きく動き始めます。

最終コーナー以降

レース途中は協力体制であった同ラインの選手も、最後の直線に差し掛かる頃には協力関係を解消し、各選手が先頭を目指してペダルを全力で踏み込みます。

 

選手のスピードも最高潮に達し、一番の見せ場を迎えます。



スポンサーリンク

公式ルールと不文律(暗黙のルール)

公式ルール

競輪の公式ルールはいくつかありますが、代表的なものをあげると以下のようなものがあります。

  • バンクの長さにもよるが、レース距離は2000m
  • 出場選手数は通常9名(7~8人の場合もあり。)
  • 誘導員が先導する間は誘導員を追い越してはいけない

他にも男子向けの競輪とガールズケイリンでは誘導員の出発位置が違うなどあります。

競輪道という不文律

一方、公式ルールで規定されていない不文律(暗黙のルール)も存在しています。

 

この不文律はファンの間では【競輪道】とも呼ばれていて、ラインや戦略に関する取り決めに関することがほとんどです。

 

例えば、

先頭ラインが独走状態の場合でも、勝負を仕掛けるのは最終コーナーに入ってから

という不文律があります。

 

これは風除けになっている先行選手に対する配慮でもあり、他にも特定選手が損な役回りをしないような取り決めが多く存在しています。

 

このように不文律は、各選手がフェアに戦えるようにして、レース展開を面白いものにするためのものです。

 

ちなみにあくまで非公式のルールであるため、明確な罰則などがあるわけではありませんが、不文律を破った場合、ファンからのバッシングや、スタッフからの注意、他の選手からの批判などなど、必ず反響を呼びます。

 

あくまでスポーツマンシップに乗っ取って戦うことが大事なんですね^^

 

実際に予想する方法は、こちらです。
>>小学生でも分かる競輪予想の仕方

>>競輪独自予想の仕方これで必勝法完成か!?

>>競輪予想方法【5つのコツで的中率アップ!】



スポンサーリンク

まとめ

競輪は単なる脚力勝負の自転車レースではなく、他の選手との協力や駆け引きなどの心理戦を多分に含んだ魅力あるスポーツです。

 

今回紹介したルールやレースの流れを知るだけでも競輪を楽しむことができると思うので、競輪未経験者も、一度競輪場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ギャンブーで500円もらえちゃいます!

■■宣伝コーナーです------------------------------------

今なら、ギャンブーに無料登録するだけで、なんと500円もらえちゃいます!

もちろん、これで賭けることもできますし、当たれば換金も自由です。

無料登録で500円チャンスもらえます!

無料登録して500円の勝負をする方は、
公式:ギャンブー無料登録

ギャンブー

めんぼうの競輪メルマガ

グランプリに向けて、「めんぼうの競輪メルマガ」始めました。
初心者さんは、物凄くためになると思います。
色んな情報を発信するメルマガです。

登録はこちら
>>https://peraichi.com/landing_pages/view/ope05

アドセンス関連広告

-競輪

Copyright© もぐもぐめんぼうののんびりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.