ギャンブル

ギャンブル依存症だった僕が丸12年間ギャンブルを止められている話

投稿日:

ギャンブル依存症こんにちは。
ギャンブル依存症から脱却しためんぼう(@menbou14)です。

 

今回は、ギャンブル依存症について書いてみようと思います。
かく言う僕も、完全なギャンブル依存症でした。

 

まず、初めてやったギャンブルが中学生時代のチンチロリンや花札、賭けファミコンでしたね。
もちろん、同級生同士でやるんですよ。

 

そして、高校になる頃には麻雀が登場します。

 

麻雀が登場してからは、ずっと麻雀ばかりでしたね。
でも、このころのギャンブルはかわいいもので、動くのは数千円ぐらいで遊びのようなものでした。

 

高校を卒業してからがひどかったですね。
もうね、パチンコ、スロット三昧。

 

寝てもスロット起きてもスロット、3度の飯よりスロットって感じでした。
※スロット派でしたので^^;

 

もちろん、ギャンブル依存症の例に漏れずカードローンで自転車操業もしていました。
その頃の一エピソードがあります。

 

>>競輪に100万円持って行って大負けした実話
興味のある方は読んでみて下さい。

 

そんな生活を10年ぐらい続けたでしょうか?
借金は増えるわ、仕事はなくすわ、希望はないわで、地獄のようでした。

 

今考えても、もしあのままだったらと思うとゾッとします。
たぶん、命がないでしょうね。

どうしてギャンブル依存症を克服できたの?

で、そんなギャンブル依存症の僕がどうして脱却できたのかと言うと、これは一重に天理教義父のおかげです。

 

天理教と出てきましたので、何だ布教かと思われた方、お待ち下さい。
僕がどうやってギャンブル依存症を克服できたのか、説明するために出てきただけで、布教はしませんのでご安心下さい。

 

家庭の事情がいろいろありまして、母親が再婚したんですね。
そして、その義父が大のギャンブル嫌い。

 

しかも、昭和の叩き上げの古いタイプ。
で、いつも僕と衝突しては殺すだの殺さないだのの話になっていました、お互いに(怒りで言っていただけですよ、本当に殺したりは出きません。)。

 

ある日、そういう義父との喧嘩を見た天理教の会長さんが、このままではいけないと僕に教会に住み込むことを提案してくれました。

 

もう、このころは僕は実家にはいられない、お金はないで、本当に行くところがなかったのです。
ですので、天理教だろうがなんだろうが行かざるを得ませんでした。

 

こうして、僕は刃傷沙汰になりそうな義父との暮らしを別にしました。

強制収容

で、天理教での暮らしが始まったわけです。
今考えれば、これが大正解!!

 

まず、お金をくれない(笑)
最初の半年はお与えなんてものもなく、1日タバコを10本もらうだけでした。

 

缶ジュース1本使えませんでした。
でも、寝るところはある、食事はある、まさにギャンブル断ちするにはもってこいでした。

 

でもね、最初の2年ぐらいはそれでも行きたくて行きたくてしょうがなかったですね。
3年目ぐらいまで夢に見てましたから。

 

教会は、1年住み込みました。
その間、一切ギャンブルなし!

 

また、この1年も濃くてすさまじかったのですが、その話は別の機会に書きます。
で、1年ギャンブル断ちしたんですが、それでも行きたい。



スポンサーリンク

義父の出番

ここで、義父の出番ですよ。
帰ってきて、ギャンブルを止めた僕はだいぶ受け入れられました。

 

でも、義父の監視の目が光っている。
それこそ、僕が打とうとするとホールの中でも追っかけてきて、頭を殴る。

 

まさに恐怖でしたね。
で、残りの2年は義父が怖いためにパチンコ・スロット行けなくなりました。

 

行っても義父が来るんじゃないか?と怖くて楽しめません。
そのうち、3年、4年と月日が経ち本当に行きたくなくなりました。

 

今では、パチンコ・スロットに12年間行っていません。
ぜんぜん行きたいとも思いません。

止めて良かったこと

  • 規則正しい生活が出来る
  • 無駄な時間を使わなくて済む
  • お金が残る
  • 本当に楽しい趣味が見つかる
  • カードローンの支払日を恐れなくていい
  • 人間的な感情を取り戻す
  • 人間的に余裕ができる
  • 心豊かに過ごせる
  • テレビが面白い
  • ブログが面白い
  • 親孝行できる

などなど、メリットはたくさんです。



スポンサーリンク

再現性

ですので、あなたがギャンブル依存症を克服したい場合、まず絶対にギャンブルできない状況に追い込むか、それか信頼できる怖い人に金銭を管理してもらいましょう。

 

誰かいるでしょう?
怖くて信頼できる人。

 

僕は、今考えれば義父の恐怖からギャンブル依存症を克服できました。

 

やっぱり、ギャンブル依存症などの本能に近い病気は、他の本能(恐怖)で抑えるしかないかもしれません。



スポンサーリンク

まとめ

最後に、「今日からギャンブルやめる!」とか「気合でやめる!」とかこれは一番無駄なパターンです。
依存症は、脳の病気ですからその欲求には勝てません。

 

ある精神科の先生が言っていましたが、パチンコ・スロットは、「光と音」で脳が傷つくらしいです。
だから、止められなくなると言っていました。

 

どうしても、自分でやめられない場合は、精神科でもギャンブル依存症の会などありますので、真剣に悩んでいる方は問い合わせてみて下さい。

メルマガ

分かりませんメルマガ始めました。

興味のある方は、こちら。
>>めんぼうのメルマガ

ギャンブーで500円もらえちゃいます!

■■宣伝コーナーです------------------------------------

今なら、ギャンブーに無料登録するだけで、なんと500円もらえちゃいます!

もちろん、これで賭けることもできますし、当たれば換金も自由です。

無料登録で500円チャンスもらえます!

無料登録して500円の勝負をする方は、
公式:ギャンブー無料登録

ギャンブー

めんぼうの競輪メルマガ

グランプリに向けて、「めんぼうの競輪メルマガ」始めました。
初心者さんは、物凄くためになると思います。
色んな情報を発信するメルマガです。

登録はこちら
>>https://peraichi.com/landing_pages/view/ope05

アドセンス関連広告

-ギャンブル

Copyright© もぐもぐめんぼうののんびりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.