その他

お線香の意味とは?実は宗派によって違うお線香の上げ方

更新日:

お線香こんにちは。
お線香大好きめんぼう(@menbou14)です。

 

僕、お線香が好きでよく火を点けるんですね。
あの匂いといい雰囲気といい子供の頃から大好きでした。

 

そんなお線香ですが、意外と意味やいわれや成り立ちを知らないなぁと思い、今日は調べてみることにしました。
お線香が好きなあなたもじっくり読んでいって下さい。



スポンサーリンク

お線香は何教?

お線香は、当然仏教です。
仏教から来ています。

 

ですので、キリスト教などではお線香を上げません。
ここは、間違わないようにした方がいいです。

お線香の意味

お線香には、以下の3つの意味があります。

故人への食べ物

匂いは個人の食べ物だと考えられています。
ですので、亡くなってから49日間はこちらの世界にいますので、49日間毎日お線香を上げていた風習もあります。

 

今では、いろんな匂いのお線香がありますから、故人の好きだった匂いのものを使って故人に喜んでもらうことが出来ます。

自分の身を清める

お線香には、自分の心身を清める意味もあります。

 

世俗で生活している私たちは、身に色々な匂いがついています。
その臭いを落としていい匂いに身を清める意味があります。

仏様とつながる機会

故人の事を思いお線香を立てる時、私達の心の中は仏様に合う機会となります。
お線香を立てることによって穢れが払われ、仏様に会う事ができるのです。
そういう意味合いもあります。

 

こういうふうに故人や先祖を大切思う気持ちは、昔も今も変わりません。
そういう真摯な祈りが、代々お線香という形になって現在でも残っているのです。



スポンサーリンク

どんなお線香があるの?

お線香は、使われている原材料によって2種類に分けられています。

杉線香

読んで字のごとく、杉の葉が粉末状になって使われています。
ですので、杉のいい香りがします。
お墓参りの時などによく使われます。

匂い線香

たぶ白檀びゃくだんなどの樹木を粉末状にした原料に、さまざまな香料を加えて製造したものです。
ですので、いろんな匂い、形、長さのものがあります。
色んなバリエーションがあるので49日によく使われます。



スポンサーリンク

宗派によってお線香の上げ方はまちまち

さて、お線香は仏教のものだと言いましたが、宗派によってお線香の上げ方はまちまちなんですね。
その宗派、宗派で意味があって本数なども決まってます。

 

ですので、今回はそれを表にまとめました。

宗派お線香の上げ方
浄土真宗系 (浄土真宗本願寺派、真宗大谷派)1本を数本に折って寝かせる
浄土宗1~3本立たせるか寝かせる
日蓮宗1~3本を立たせる
真言宗3本を立てる
曹洞宗1本を立てる
天台宗、臨済宗特に決まりはない

まとめ

今日は、お線香のことについて調べてみました。

 

最近のお線香は、コーン型や星型、カラフルなものやいろんな匂いのものと、バリエーションが豊富です。

 

趣味でお線香やっている人もいるぐらいです。

 

僕も部屋でお線香焚いたりしてますよ。

ギャンブーで500円もらえちゃいます!

■■宣伝コーナーです------------------------------------

今なら、ギャンブーに無料登録するだけで、なんと500円もらえちゃいます!

もちろん、これで賭けることもできますし、当たれば換金も自由です。

無料登録で500円チャンスもらえます!

無料登録して500円の勝負をする方は、
公式:ギャンブー無料登録

ギャンブー

めんぼうの競輪メルマガ

グランプリに向けて、「めんぼうの競輪メルマガ」始めました。
初心者さんは、物凄くためになると思います。
色んな情報を発信するメルマガです。

登録はこちら
>>https://peraichi.com/landing_pages/view/ope05

アドセンス関連広告

-その他

Copyright© もぐもぐめんぼうののんびりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.