その他

【2017年ノーベル賞受賞できる?】村上春樹さん今年こそは!

更新日:

本棚こんにちは。
小説大好きめんぼうです。

 

村上春樹さんといえば、「ノルウェイの森」ですよね。
僕は、本を実際に買いました。

 

上下巻。
読んだ感想は、甘酸っぱい思いが残りました。

 

なんだか、官能小説を読んでいるような感覚にもなりました。
しかし、下品ではなくさすがは、一流文学といったところです。

 

性を描いても下品にならず、芸術へと昇華しています。
そんな、村上春樹さんですが、毎年ノーベル賞だ!と言われ続けて、はや10年が過ぎようとしています。

 

毎年、この時期になると村上春樹さんの名前を聞くようになりましたね。
そうとう盛り上がるんですが、受賞できずにがっかりなパターンを繰り返しています。

 

そこで、ノーベル賞を言われるようになってからの村上春樹さんの年表をまとめてみました。
なぜ、ノーベル賞だと騒がれるのか?

 

なぜ、こんなに期待がかかっているのか?
ぜひ、見てみてください。



スポンサーリンク

年表とノーベル文学賞受賞者

まず、年表を見てください。

2006年フランツ・カフカ賞を受賞
09年エルサレム賞受賞
長編「1Q89」BOOK1・2刊行
10年「同」BOOK3刊行
11年カタルーニャ国際賞を受賞
13年長編「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」刊行
14年短編集「女のいない男たち」刊行
16年アンデルセン文学賞受賞
17年長編「騎士団長殺し」刊行
受賞年氏名国籍
2011トーマス・トランストロンメルスウェーデン
12莫言中国
13アリス・マンローカナダ
14パトリック・モディアノフランス
15スベトラーナ・アレクシェービッチベラルーシ
16ボブ・ディランアメリカ
17

表は、産経ニュースから引用しました。

もともと、なんで村上春樹さんがノーベル文学賞に近いと騒がれ始めたかというと、2006年のフランツ・カフカ賞を受賞したからなんですね。

 

この賞は、ノーベル文学賞の登竜門とされています。
しかも、アジア圏内では初めての受賞だったんです。

 

それで、ノーベル賞も間違い無し!と騒がれるようになりました。
今年は、「騎士団長殺し」で勝負をかけますが、さてはて、結果はどうなるでしょうか?

ノーベル文学賞分かるのはいつ?

実は、ノーベル文学賞、発表の日付がちゃんと決まっていません。

 

2016年は、10月13日の13時(日本時間20時)に発表されましたし、2015年は、10月8日 日本時間20時でした。
2014年は、10月9日でした。

 

日付がバラバラですね^^;
10月上旬といったところでしょうか。



スポンサーリンク

まとめ

今、10月5日ですので、もうすぐしたら分かります。

 

今年こそは、受賞できるのでしょうか?

 

賛否両論ありますが、これは文学界の宿命です。

 

さてはて、真価やいかに!?



スポンサーリンク

ギャンブーで500円もらえちゃいます!

ポイント

■■宣伝コーナーです------------------------------------

ギャンブー

競輪の軍資金、欲しくないですか?

今なら、ギャンブーに無料登録するだけで、なんと500円もらえちゃいます!

もちろん、これで賭けることもできますし、当たれば換金も自由です。

無料登録で500円チャンスもらえます!

無料登録して500円の勝負をする方は、
公式:ギャンブー無料登録

ポイントサイト

ポイントサイト

ポイントサイト一覧

アドセンス関連広告

-その他

Copyright© もぐもぐめんぼうののんびりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.