競輪

【競輪S級S班】9名にしか与えられない称号

更新日:

SSこんにちは。
競輪大好きめんぼうです。

 

競輪って、クラス分けがあるの知ってますか?
SS、S1、S2、A1、A2、A3という風に6段階に別れています。

 

クラス分けについて詳しく書いた記事もあります。
>>競輪選手のクラス分けはこうなっている!【一目瞭然】

 

興味のある方は、読んでみてください。

 

今回は、その最高クラスのS級S班について語っていこうと思います。

なれるのは、去年活躍した9人のみ!

S級S班になれるのは、全競輪選手2200名のうち、たったの9人です。

 

競輪・オブ・ザ・キングといったところでしょうか。

 

なれる条件は、去年のG1制覇者と獲得賞金上位者です。
簡単に言うと、去年のGP(グランプリレース)出場者9人です。



スポンサーリンク

今年のS級S班は誰?

2017年今年のS級S班9名は、

渡邉 一成(福島・88期)/第31回読売新聞社杯 全日本選抜競輪 優勝
村上 義弘(京都・73期)/第69回日本選手権競輪 優勝
中川誠一郎(熊本・85期)/第70回日本選手権競輪 優勝
新田 祐大(福島・90期)/第67回高松宮記念杯競輪 優勝
岩津 裕介(岡山・87期)/第59回オールスター競輪 優勝
稲垣 裕之(京都・86期)/第25回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 優勝
平原 康多(埼玉・87期)/第58回朝日新聞社杯競輪祭 優勝 
浅井 康太(三重・90期)/賞金獲得額 7位
武田 豊樹(茨城・88期)/賞金獲得額 8位

KEIRIN STATIONから引用しました。

です。

 

※追記です:2018年のSS選手はこちらです。
>>2018年競輪S級S班はこの9人だ!【それぞれのプロフィール】

 

平原康多選手、渡邉一成選手、浅井康太選手は、来年(2018年)もS級S班確定です。
来年度はさらに、三谷竜生選手も加わります。

 

それにしても、そうそうたるメンバーですね。
競輪界を屋台骨から支えている選手たちです。



スポンサーリンク

S級S班選手の見分け方

競輪は、6つのクラス分けがあると言いました。

 

僕達が競輪場やライブで見分ける方法はあるのでしょうか?

 

見分ける方法として、まず新聞を見る。
これは、基本ですね。

 

あと、各階級でズボンが違います。

ズボン

DREAM STADIUM TOYAMAから引用しました。

でも、このズボン、分かりにくいですよね。

 

S級S班を見分ける方法がもう一つあります。

 

それは、ユニフォームが派手なのです!

 

S級S班にだけ与えられた特権として、ハデハデのユニフォームを着ることが許されています。
と言うか、着なくちゃダメなんですね。

 

S級S班選手9名だけ、1年間派手なユニフォームを着なくてはいけません。

 

だから、素人の方でも「あれ?あの人だけユニフォームが違う」と思ったら、それはSS選手です。



スポンサーリンク

まとめ

全選手ならびに、ファンの憧れの的。
競輪界での努力の結晶。

 

それがS級S班です。

 

本当のレースでもSS選手が出ると、オッズが格段に変わります。

 

それだけ、期待と責任を背負っているのですね。

 

SS選手にヤジなんて、やめてくださいよ^^;

ギャンブーで500円もらえちゃいます!

ポイント

■■宣伝コーナーです------------------------------------

ギャンブー

競輪の軍資金、欲しくないですか?

今なら、ギャンブーに無料登録するだけで、なんと500円もらえちゃいます!

もちろん、これで賭けることもできますし、当たれば換金も自由です。

無料登録で500円チャンスもらえます!

無料登録して500円の勝負をする方は、
公式:ギャンブー無料登録

ポイントサイト

ポイントサイト

ポイントサイト一覧

アドセンス関連広告

-競輪

Copyright© もぐもぐめんぼうののんびりブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.